番外編
ワイキキの雑踏を歩いていると「アブナイな」
そう思える人をちらほらみかけます
荷物を手から離して床や道路!に置く人、
何袋ものブランドロゴ入りショッピング袋をぶらさげる人、
後ろポケットからお財布がほんの少し顔をのぞかせる人etc.
用心しすぎると楽しくないけれど、ハワイはやっぱり日本と違う
油断大敵、少しの用心と配慮を忘れずに

「バスの運転手さんと日本人の女の子二人連れの会話」
女の子たち : このバスは ”アウトリガー” に停まりますか?
運転手さん : アウトリガー?・・・・・・どのアウトリガー???
女の子たち : (@o@)!!ええっ!!???
この寸劇はフィクションではありません。
ワイキキビーチ前のトロリー停車場で実際に見た光景です。
バスは二人を置いて発車したので後のことは知りませんが、
二人は無事にホテルに帰れたのでしょうか??
アウトリガーのホテルはワイキキに20軒あります。
泊まるなら「どのアウトリガー」か覚えておきましょうね (^_^;)

99年終り頃、アウトリガーは新しく第2ブランドとして「オハナ・ホテルズ」を組織。
「アウトリガー」ブランドは5軒だけになり、大多数は「オハナ」ブランドに移行しました。おかげで、上記のような光景を見かける確率も減り、残念なような嬉しいような(笑)
ところで、
個人手配の場合は完全自己責任なので自分で勉強するしかありませんが、
ツアーに乗ると「ハワイの注意事項」を教えてもらえる場面があります。
安いツアーだとワイキキ到着後に「ウエルカムランチ」と称してレストランに連れ込まれ、オプショナルツアーや土産物の申込書を渡されます。
申し込みは強制ではないのでツアーの説明を聞き流しながらタダの食事をすればいいのですが、合間に入る治安事情交通事情の話は聞いておきましょう。タダの脅しばかりではありません。

高いツアーでも注意事項の説明を受ける場面はあるはず(自分は乗ったことが無いので直接は知らない)なのですが、
ワイキキを歩いている新婚さん(一目で分かる場合が多い)の無防備さには驚きます。
日本でツアーの手配を全て済ましてしまい、飛行機の中では夜半過ぎまでお喋りをし、注意事項の説明を寝ながら聞いてホテルに直行するとああなるのかもしれませんが、黄色のスーツを着てブランド物のバッグを車道側の肩からぶら下げて歩く様は盗ってくれと言わんばかりです。

ハワイの新婚さんは狙われています。有名な「オウムと記念写真」のオニーサンもDFS前でシンコンサンを引っ掛けてパリパリの新札を何枚ももらっていました。オウムのオニーサンは有り金全部は取りませんが、全財産とパスポートを入れたバッグをひったくられたら暗いハネムーンの末に成田離婚が待っているかもしれません。新郎さんに新婦さん!少しは気をつけましょう。

もちろん子連れの皆様も気をつけて。子供やベビーカーに気を取られて手荷物に目がいっていない人、ちらほら見かけます。荷物より子供が大事、もちろんです。でも、盗まれた荷物と一緒に楽しい思い出が台無しなってしまうのはあまりに悔しい。どうかここを訪れる方、皆様が被害にあいませんように。

16/22 17/22 18/22
INDEXへ戻る Topページ