三世代旅行
小さな子供を連れて旅行すると、親はいっぱい我慢しなければなりません。おしゃれなレストランには絶対行けない、買物も思うようにできない、夜は外出できない・・・・・こういうとき、ベビーシッターをお願いすればよいのですが、他人に子供をまかせるのはどうもという人、あるいは費用がねぇ、、、という人にお勧めなのがおじいちゃん・おばあちゃんを連れて行くことです。我が家では96年には海外初体験のじじばばちゃん+当時3歳の息子を、99年にはじじちゃん+6歳の息子を連れて行ってきました。
ここで注意!! じじばばちゃんを連れていくのは「親孝行」のためだと、頭にしっかりインプットしておきましょう。間違っても、ベビーシッター代わりだなんて公言してはいけません。

 2ベッドルームはお得

じじばばちゃんを連れて行くときは、 別々の部屋に宿泊するよりもリビング付きの2ベッドルームにしましょう。海外旅行が初めて・・・なんていう不安いっぱいのじじばばちゃんならなおさらです。料金が高いのでは?と心配する人もいるでしょうが、一人当たりに換算するとビックリするほどは高くありません。リビングを家族団欒の場所にしてしまえば、子供の世話もしてもらえますし、遊び相手にもなってくれます。ただ、可能ならば2ベッド2バスルームが快適です。(じじばばちゃんは往々にして早寝早起き、我々とは生活時間がちょっとズレます)
 観光・・・昼の部・・・
1日2日は親孝行と割りきってじじばばちゃんの観光に付き合いましょう

リムジン観光
これが一番ラクだし、じじばばちゃんは喜びます。
ダイヤモンドヘッドクレーター・石原裕次郎邸・潮吹き穴・ヌアヌパリ展望台・市内観光(イオラニ宮殿、カメハメハ大王像、チャイナタウン通過、タンタラスの丘)といった所を、運転手兼ガイド付きでまわります。シャッターもお願い出来るので、家族写真もバッチリです。車内には冷えたジュースとグラスが用意してあり、自由に飲めるので子供はご機嫌!「リムジン観光は高い」と思われるかもしれませんが、一人当たり何ドルのツアーにのるより、一台当たり何ドルのリムジンの方が、一人当たりの値段とサービスを考えればとってもお得です。但し、信頼できる業者を選びましょう。

パールハーバー
一定年齢以上の方には非常に感慨深い訪問スポットです。 ツアーにのると日本語解説付きでまわりますから、個人で行くより中身のある観光が出来ます。若い人には関心の薄い所ですから、無理に付き合う必要はありません。じじばばちゃんだけでも参加できます。我が家のおじいちゃんが言うには、日本人ばかりで日本語のガイドさんが付いてくれるので一人でも大丈夫だったそうです。もちろんホテルまで送迎してくれるので、じじばばちゃんを送り出した後は、空いた時間を有効に使いましょう。

潜水艦ツアー
完全に潜ってしまうアトランティスと、グラスボートタイプのノーティラスがあります。乗り物酔いする人がいる場合はアトランティスは避けた方が無難です。潜水艦なので当たり前のことですが、酔って気分が悪くなっても外の空気を・・・・とはいきません。(人が酔って吐いたのを見て自分も気分が悪くなったなんて人もいます)潜ってしまえば揺れないそうなのですが、酔いやすい人は気を付けましょう。ノーティラスは、船の下半分が海中にあってそこから海の中を見ることができます。海中を見たり、デッキに出て外の景色を眺めたり・・・・海がおとなしい時は素晴らしい眺めを楽しめます。ただ、海中の眺めはアトランティスに軍配が上がります。

ポリネシア文化センター
ここへはいろんなツアーが出ていますが、特にお勧めなのがVIPサービスコースです。日本語を話すガイドに夕食も付いて、夜のショーは前列正面で見られます。少々値は張りますがそれだけの値打ちはあります。広い所なのでガイドの有る無しは大違いですし、ショーを見損ねる恐れもありません。これの予約もJCBでお願いしましたが、「前列正面」というのはなかなか座れないところだそうです。(私達は当たり前のように案内されましたが・・・)別料金でリムジン送迎を付けることもできます。送迎バス利用の割安なコースもありますが、帰着時間が夜遅いので、ホテル直送のリムジンが体力的負担の少ない分お勧めです。
 観光・・・夜の部・・・

夜は子供をじじばばちゃんにまかせて、2人でデート!! 毎夜ではさすがに気がひけますが、一日位はじじばばちゃんと子供をホテルに残して、子連れで行けないところへ行きましょう。 papaさんとsonoちゃんは "LEGENDS IN CONCERT" に行きました。 ここもJCBで予約を入れてもらったのですが、いつも思ったのはJCBを通すとどこに行っても前列正面の最も見やすい席に案内してもらえます。(どうしてなんでしょう?) "LEGENDS" は、今年春からショーの内容を変えたそうなので、 リピーターさんにもいいかもしれません。おしゃれなレストランに行くもよし、DFSでお買物するもよし、せめて一晩位は自由に過ごしたいですよね!!
(このショーは99年には無くなってしまいました。残念です)
 じじばばちゃんと別行動をとるためには・・・

じじばばちゃんをホテルに残す
旅行中いつもじじばばちゃんと一緒では息が詰まりそう・・・・という方へ。じじばばちゃんだって2人で過ごしたいはず・・です。そんな海外旅行初心者の年配のご夫婦に最もお勧めなのが、ホテル内の散策です。(そのためには、オンザビーチの大型ホテルに宿泊しましょう)毎日出歩いていたのでは疲労が溜まってくるし、帰国後寝込んでしまったのでは楽しい思い出も台無しです。そこで、半日ほどじじばばちゃんにはホテルで過ごしてもらいましょう。2人でビーチを散歩したり、ついでに食事も2人でホテルの和食レストランで済ませてもらえばよいではないですか。オンザビーチの大型ホテルはどこも日本語がほぼ通じますし、ホテル側もこうした日本人客に慣れていますから、じじばばちゃんだけでも大丈夫!欧米の観光客は日本人のように毎日出歩いたりしません。ここは欧米式に 「ホテルでのんびりゆったりが最高の贅沢!!」 と じじばばちゃんを言いくるめましょう・・・・・。

じじばばちゃんだけをツアーにのせる
ホテル送迎付きのツアーで日本語ガイドが付いてさえいれば、初めての人でも十分楽しめます。潜水艦・パールハーバー・ポリネシア文化センターいずれもツアーにのかってしまえば、後はなんとかなります。必要なのは、初めてのことに挑戦する勇気と「私は英語が分からない。日本語だけ」という開き直りでしょう・・・??ツアーの予約を取る方法はいろいろあります。ツアーデスクでお願いする、JCBプラザのようなクレジットカード会社のオフィスで予約を取ってもらう、自分で電話をかける・・・。今年は街角のフリーペーパーで「はとバスツアー」というのを見つけましたし、実際「はとバス」にもお目にかかりました。(東京じゃないですよ、ワイキキです!!ワイキキにははとバスツアーがあるんです!)ということで、じじばばちゃんのためにせめて予約は取ってあげましょう。

じじばばちゃんを先に日本へ帰す
これなら、じじばばちゃん滞在中は「親孝行」と割りきって過ごせます。日程の前半はじじばばちゃん優先でスケジュールを組み、じじばばちゃん帰国後に自分たちが行きたいところへ行くことができます。日本出国アメリカ入国より、アメリカ出国日本帰国の方が手続きが簡単ですから、じじばばちゃんは後からハワイへ行って皆と一緒に帰国するより、みんなでハワイへ行って先に帰国する方が簡単でいいかもしれません。

06/22 07/22 08/22
INDEXへ戻る Topページ