子連れお薦めスポット
OAHU島編  
限定!Okabeさんちが行ったところのみ・・・あしからず・・・
小さな子供を連れて「遊びに行く」にはどこが楽しいか?
きっと親子一緒に楽しめるだろうスポットをご紹介 (^O^)
尚、以下記事は書いてから年月が経っておりますので
現状とは変わっている点が多々あると思います。
詳しくは「ハワイの掲示板」にてお尋ね下さい。

 シーライフパーク

大人$19.95 / 子供(4〜12才)$9.95
クレジットカード会社の冊子やレンタカーを借りた時にもうらうクーポンを持って行くと20〜10%オフになります(大人1人無料クーポンなどフリーペーパーを探してみてね)イルカとウォルフィンのショーが見応えあり、ただし炎天下屋根無しの場所なので帽子を忘れずに。見やすい位置で見るためにはちょっと早めの場所取りを。
4才(身長40インチ(約1m)以上)以上であれば「スプラッシュU」というイルカ調教プログラムに参加可。料金は入園料込で大人$74 子供$62(ちょっと?かなり?高い。。。)1日4回あるので電話で予約あるいは直接行って入り口で申し込むといいです。スプラッシュU参加者のうち幸運な1名(たいていは子供)はイルカのショーに出してもらえます。
ここのレストランはセルフサービス、レストラン横のアイスクリーム屋さんのワッフルコーンは美味!園内ギフトショップはかなり充実。お土産さがしにGood。T−シャツはなかなかおしゃれ。
 ワイキキ水族館

大人$6.00 / 子供(13〜17才)$2.05 / 12才以下無料
規模はそんなに大きくないけれど、入ってすぐの屋内水槽にいる熱帯魚が見事
さほど広くないので「ちょっと立ち寄ろうか」位の時間でOK
ギフトショップもこじんまり・・でも商品多し(おさかなのモビール持って帰りたかったなぁ)
ここのTーシャツもカラフルで楽しい ^0^
 ホノルル動物園

大人$6.00 / 子供(6〜12才)$1.00 / 5才以下無料
広々とした敷地に点在する動物たち。ピクニックでもしたくなるような雰囲気の動物園です(実際、小学生がお弁当持参で遠足によく来ています)
ゾウさんのショーが1日1〜2回あります。ただし、ゾウの体調次第で中止あり。
ショーといってもステージで行うのではなく、動物園(雰囲気は公園)真ん中広場の巨大な木の下までゾウさんが「のっし、のっし、、、」と歩いてきて芸をしてくれます。かなり至近距離からゾウさんと対面できるので子供の目は (@.@)・・・こんな感じになります・・・
入り口から見て動物園の一番奥にあるのが「アフリカン・サバンナ」。人工的に作り出したサバンナですが一見の価値あり!ここまで制覇するにはかなりの距離歩くことになりますからご用心。「自然のままに展示」を目指すスペースなのか、時にどこを探しても動物が見えない、なんてこともあります。
他には「ペッティング・ズー」文字どおり動物に触ることができるコーナーです
一休みには KAPAHULU Ave.の方角にある売店で、ジュースやスナックが手に入ります。パラソルの下で一休みしていると足元を鳥が歩いていたりしますよ
ここのギフトショップで我が家は毎年息子のTーシャツを買います。動物柄のTーシャツは、他ではちょっとおめにかかれないくらいリアルな絵が描いてあります(笑)
 アラモアナ・ビーチ・パーク

ワイキキ周辺で「ちょっと行ってこよう。。。」と気軽に行けるビーチです。
レンタカーがあれば駐車場(車上狙いが多いため要注意)が広いので便利。ただし、週末はロコがBBQパーティーをするために朝から集まって来るので混雑します。ビーチは監視員付き、シャワー設備もちゃんとあります。地元の子供たちが沢山遊んでいるので、ひょっとすると子供同士お友達になれるかも!?
マジックアイランドはとっても広い芝生があるので、子供が走り回るのに最適です。隣はアラワイ・ヨット・ハーバー、夕方帰ってくるヨットを見ながらお散歩というのもGoodです。
 ビショップ・ミュージアム

大人$14.95 / 子供(6〜17才)$11.95 / 5才以下無料
ちなみに、ここはJCBがくれる冊子を持っていくと30%オフになります。
ビショップミュージアムは昨年2日続けて行きました!息子(4歳)にはまだ早いかなと思ったけど、行ってみるとこれが案外うけました。もっとも、うけたのは屋外展示物&屋外遊具(タイヤやロープで遊ぶ場所があります)&プラネタリウム(12:30〜日本語で上映)
博物館内部も子供の年齢に応じてその子なりに楽しめる展示があります。ただハワイアンホール・ポリネシアンホールはまだ理解するには早すぎて(あたりまえか)、通りすぎただけですが、大きい子供さんなら異文化に触れる絶好の機会です。ディスカリバリーホールというところは小さな子供向けで、触れて楽しむタイプの展示が多いです。
ハワイアンホールではフラダンスの実演があったり、1日数回日本語の案内ツアーがあったりします。また、キャッスルメモリアルビルでは不定期に特別展が行われており、開催期間中に訪れることがあれば、是非のぞいて見て下さい。
 ノーチラス・セミ・サブマリン
(運営していたノーチラス・サブシー・アドベンチャーの倒産に伴い、現在運営されておりません。船はコ・オリナ・リゾート&マリーナへ売却されたと聞き及んでいます。)

水の中に潜ってみたいけれども濡れるのはイヤ、という人向き(笑)。
場所見知りをして、閉じられた空間や暗い場所で泣いてしまう子供におすすめです。ケワロ湾発着
ノーチラスは日本で言うところのグラスボートをもうちょっと快適にした船です。船体の下半分に窓がずらっと並んでおり、ここが海中。窓から沢山のおさかなを眺められます。航海中、スタッフが海に潜ってえさをまくため、食いしん坊なおさかながいっぱい集まって来ます(カメも来ますよ!)。私はいつも「美味しそう。。。」と思うのですが、送迎バスの運転手さんが言うには「マズイ」そうです。 (^^;;
船の上半分はずーっと海上に出ています(要するに「潜水」はしません)。デッキに乗船人数分腰かける場所があり、ここに座ってケワロ湾〜ワイキキ〜ダイヤモンドヘッドを見晴らすのも楽しいです(帽子を忘れずに)。また、船酔いしやすい人は、船内から出てここで外気を吸うことができます。
一応の定価(大人$54、子供$35)はあるけれど、ホテルからの送迎付きツアーが各種ありますし、フリーペーパーにはクーポンが付いていることもあります。ちなみにJCBの現地オフィスで予約をお願いした我が家は、送迎付きで$141.30(大人2+子供1税込み)x払いました。
乗船から下船近くまでビデオ撮影があり、有料で販売しています。下船時にチケット売り場で支払いをしておけばホテルまで届けてくれるシステムです(ただしメジャーなホテル&コンドのみ、それ以外はアイマックスシアター等ホテル以外の場所へ届けてくれます)。海中から船内の様子を撮影してくれるので、子供たちには良い記念かも?
 アトランティス・サブマリン(OAHU)

まず沖合いまで船で行きます。小さな客船風。船内は椅子が沢山あり、オアフのやつはTVまで付いて至極快適・・・と言いたいところですが、運が悪いととっても揺れます(ーー; 潜水艦自体より、この潜水艦へ行くまでの船で酔います(酔いやすい人)。HHVダイヤモンドヘッドタワー?1F(敷地端っこ)にロゴショップ併設の集合場所があります。ここには「酔い止めカプセル」(無料)があるので、酔いやすい人は飲んでおきましょう。
HHV前ビーチにある桟橋から船に乗ります。この時記念撮影あり、帰りの船内で有料販売。買わなくて良いので、必要なければ No Thank You.
沖合いまでこの船で出ます。潜水艦に近づき1人ずつ渡れる広さの橋を潜水艦へ渡します。この橋、揺れます。なるべく揺れないようにはなっていますが、沖合いで船から船へと徒歩で渡るわけで、スタッフが助けてくれます。子供でも問題なし。潜水艦内部には細い梯子(1人づつ下りる)を使います。このツアーには身長制限あります。なぜなら、この梯子は赤ちゃん連れ、小さい幼児連れには無理。「1人で後ろ向きに梯子を下りられる」ほどに成長したお子さんでないと無理です。その目安が身長制限になっているのではと推測してます。
潜水艦内部には細長いベンチがあり、そこに座って窓の外を眺めます。潜ってしまえばほとんど揺れは感じません。何が見えるか、興味ありましたら我が家の98年ハワイ旅行記をどうぞ。船内から撮影した写真を載せています。(この写真、見やすいように加工してあります。実際はもう少し暗いかな)
帰りは浮上した潜水艦から逆コースで船に乗り移りHHVの桟橋まで戻ります。潜水場所はワイキキ沖合い。
 ダイヤモンドヘッド登山

必需品は水、タオル、懐中電灯、履き慣れて歩きやすいシューズ。サンダルで登っている人もいましたが、斜面やでこぼこ道があるのでたいへんです。登山口のところで飲料水販売&懐中電灯貸し出しをしてます。まぁ、持参する方が無難でしょう。(JCBカード保持者なら、懐中電灯はJCBプラザで借りられます)
荷物は出来るだけ少なく、出来たら両手が空くリュックタイプがベスト。途中、足元の悪いところ(ガタガタで道が平らでない箇所あり)もあるので、間違ってもベビーカーを持っていかないこと。急な階段や真っ暗トンネル+らせん階段もあります。米国人は赤ちゃんを背中に背負って登っていました。ベビーカーを押して歩ける距離はごくごく少しです。たとえ折り畳んでも荷物になることにかわりはありません。子どもが徒歩を拒否した場合や悪路のため子どもを1人で歩かせられない場合に備えて、両手を空けておきましょう。
息子は6歳、往復自力で完歩しました。彼を見た米国人は「まだ小さいのにがんばってるねー」と声をかけてくれましたよ。ゆっくり6歳児のペースで行きは40分、帰りは30分。99年ハワイ旅行記に写真があるので興味のある方はこちらへ。

掲示板で話題にのぼった人気スポットをご紹介

皆様からのお問い合わせが多いので、掲示板から体験談を転載しておきます
チルドレンズ・ディスカバリー・センター

エンゾっちさん -[2001/10/29(Mon) 14:37]
ワードウエアハウスそばにあるこの施設は、娘(3歳)が特に気に入っていました。
消防士になれたり、スーパーの店員になれたり、お医者さんになれたり(これが一番やりたかった模様)、他粘土遊びやお絵描きができるコーナー他もあり、スタッフも親切で充実した施設でした。ママがワードウエアハウス周辺でお買い物している間にパパと子供がここで遊ぶ・・・というプランは、いけそうです(大人も楽しめます。ただし、平日は13時で終了です)。雨の日にもよさそうです。

エンゾっちさん -[2001/11/02(Fri) 23:45]
場所はカカアコ・ウォーター・フロント・パークのそばにあります(駐車場も公園の駐車場が利用可です)。非営利団体の運営で、スタッフもボランティアだそうです。入場料が大人$8、子供$6.75です(ちょっと高め?)。そのせいか、うちが行ったときは、他に地元の親子連れが2組だけで、貸し切り状態でした。平日9時〜13時、土日10時から15時、月曜休み
ワイケレにあった(らしい)ディスカバリーゾーンのような、ボールプールや、アスレチック系の遊具はありませんでした。自分の身体を含めた「世の中を体感する」といった趣の施設でしたよ。行く前は「何もハワイの好天の日に屋内で遊ばなくてもいいかな?」と内心思っていたのですが、なかなか楽しかったですよ。飾ってある子どもの書いた絵や、文章を読むのも面白かったです。
実はワードウエアハウスから歩くと、10分弱はかかるかも、です。(「子連れでハワイ」に行かれるようなママさん(パパさん)は、そのくらいのバイタリティーはあるでしょうが)ママは買い物、ということであれば、待ち合わせは車の人が移動する、という方がよさそうです。
Hawaiian Waters Adventure Park

yumiさん - [99/8/9、8/10]
お約束のウォーターアドベンチャーパーク!行きましたよ〜
オアフ初日はやめて2日めに早朝開園前に到着。アラモアナからは割とスムーズに行く事ができました。H1から降りる出口はマカウオで降りて左折していくともう建物が見えるので分かると思います。ただ看板などがないので(なぜ?)事前に道路地図で確認してから行くと良いかも(我が家は2回程ぐるぐるまわりました)。
10:30開園なのに9:30ごろついてしまってその間に着替えなど車内でしてしまいました。チケット売り場はもう開いていたので事前に購入。10:00を過ぎるとOPツアーのバスが続々到着。なんでもツアー客は先に入れるという特典ツアーもあるそうですが、実際の所10:30入場開始だったような気がしますけど・・?
ロッカーは$5払って鍵返却時に$2バックです。ロッカーすごく小さいので荷物は少な目にした方が良いです。靴もサンダルばきで入場してしまう方が良いです。ロッカーはホント!日本の駅構内サイズと思ってください。
中は期待していたよりは???かな?たしかにスライダーとか波プールは信じられない程凄かったけど、値段の割には???な感じで、もう少し規模が大きいのを期待していた私にとっては「お高いプール」という感想。
キー返却時にはレシート提示をしないと$2返金ならないのでレシートは必ず取っておきましょう!ただね〜ロッカーの間の通路が狭いしロッカー自体が小さいので荷物は最小限に押さえた方が無難です。
食べ物は持ち込み禁止で、入場前にゲートで荷物チェックをやっているほど厳しいです。

くろたんさん - [99/8/26]
H1は出口2の方が至近距離にありました。出口2から約3分で行けました。
ただし、少々曲がり方がややこしいのですが・・。

エンゾっちさん -[2001/10/29(Mon) 14:37]
浮き輪使用が×(こういうプール、多いですよね)ということで、無料レンタルのライフジャケットを借りようと思ったのですが、土曜日の昼過ぎだったためか、在庫ナシ。何度かトライして、やっと大き目のものを貸してもらいました。
大きな波のできるプールなどがあり、5歳以上の方が楽しめるかなあという気がしました(が、本人は大満足)。ロコの家族連れがたくさん来ていました。入場料も高め(大人$29)だし、遠い(パールリッジSCから車で10分くらい)ので是非オススメという訳ではありませんが、コンドミのプールは浮き具禁止で、プールはここしか入らなかったので、久しぶりにプールで遊べて、娘は喜んでいました。
夏に行かれるのでしたら、日本のプールとあまり変わらないと思います。あと、風が強かったです(日によるのかもしれませんが)。

11/22 12/22 13/22
INDEXへ戻る Topページ