機内の気圧と耳
離着陸時、機内でぐずる小さなお子さんの声がよく聞こえてきます。身体に感じる圧力を不快に感じていることもありますが、耳がおかしくなることが一番の理由にも思います。離着陸時は子どもに飲み物をあげるといい、よく聞く対処法です。

赤ちゃんは何かを口に咥えることで安心感を得る面もあるように思いますが、ここでいう離着陸時の飲み物は、お耳の「気圧調整」のためです。上昇するにしたがって気圧が低くなるため、耳の外は気圧が低く耳の中は気圧が高い、気圧差(高い気圧から低い気圧へ鼓膜が圧迫される)で耳が痛くなります。着陸時はこの逆のことがおこります。離着陸時に赤ちゃんがぐずるのはたいていこれが原因です。
耳の中と外の気圧調整をするためには「あごを動かす」これが一番役立ちます。あごをカクンッと下げると鼓膜の奥の中耳と鼻の奥(咽頭)を結ぶ耳管が広がり空気の通りがよくなる=気圧が調整できます。いわゆる「耳抜き」です。この気圧調整(耳抜き)が上手くできないと鼓膜を痛めたり「航空(性)中耳炎」という病気になる可能性(赤ちゃんだと鼓膜破裂の可能性も)があります。

大人はこういうことを無意識にやってるんだけど、赤ちゃん〜幼児は自分の意思ではなかなかできない。赤ちゃんは泣くことで気圧調整をやってますが、あまりに泣かれると周囲に迷惑をかけるわけで、「飲み物」を飲ませてあげるとよい、という話がでてくるわけです。但し、飲ませすぎ注意。不必要に飲ませると吐きます。
「おしゃぶり」でもかまわないんですよ。年齢次第でガムやキャンディでもいい。要するに「あごを頻繁に動かす何か」があればいい。
他にはスイミングで使う耳栓。スポンジ状のあれです。気圧の緩衝材になってくれるので離着陸時に使うと効果があるそうです。

風邪をひいて飛行機に乗るとこの気圧調整が上手くできない可能性が高くなります。鼻風邪のときは(使用可能な月齢なら)点鼻薬を使うのも一手。乗る前から中耳炎になっていたなら飛行機はとんでもない!ということになります。病気を悪化させるだけ。いずれにしても、体調万全でない時に飛行機を使うならかかりつけのドクターと相談の上で。

耳抜きがどれだけ上手にできるかは個人差やその時々の体調に左右されます。私は普段耳抜きに苦労することはないのに、一度風邪をひいて国内線に乗った時に耳抜きができずそれはそれは辛い思いをしました。
最初は「あれっ?耳がヘン」くらいだったのに「今すぐ飛行機から降ろして」と思うほどの痛みが飛行機が下降を始めるまで1時間ほど続きました。鼓膜が破れるかと思った。羽田へ到着してもまだ回復しなくて、耳はぼわーーっとしたまま痛みだけが軽くなった状態、意識しないとまっすぐ立つのさえ難しくて平衡感覚までおかしかった。ホテル到着と同時に高熱で寝込んだので自分では気付かないうちに随分体調を崩していたようです。
泣き叫んでもどうしようもないとわかっていたから黙って耐えましたが、子どもだとまず泣き叫ぶでしょうね。それほどの痛みです。
機内での気圧について
BARONさんが専門的なお話を書いて下さっています。


Re: 子供と飛行機
BARONさん - 2003/10/30(Thu) 00:37 No.8095

飛行機が上昇するにつれて、機内の高度も上がっていきますが、人が普通に呼吸できるようにするため、エンジンから抜いた高圧空気を機内に回して圧力をかけています。この時の機外と機内の圧力差を「差圧」といいますが、この差圧は飛行する高度によっても変わります。一般的に高高度になると差圧は大きくなり、低高度になれば差圧は低くなります。
またこの差圧は飛行機の種類によっても設定が異なったりしています。差圧が大きくなれば、それだけ水平飛行中も耳に圧力負荷がかかりますし、上昇・降下中の圧力変動の量も大きくなります。
特に怖いのが、降下中に耳が抜けなくなることで、耳の中耳の圧力が高まったまま抜けなくなると水がたまり、航空中耳炎に発展します。新しい飛行機ほど、この気圧の調節機構が発達してますので、古い機材よりは楽に感じられると思いますが、圧力そのものにはさほど変化は生じていません。

参考までに高度1万メートルでは、B747−400では機内高度は約1600メートル、B767では約1500メートルに保たれるように設計されています。それだけ機内の空気には圧力がかけられているということです。

2歳半のお子さんでしたら、鼻をかむ動作を教えておかれてはいかがでしょうか。もし耳が抜けなくなった時には、鼻をつまんで「ちーん」とやると耳に息が回って抜けやすくなります。(バルサルバ法といいます。)
鼻づまりの場合には、これをやっても抜けないことが多々起こりますので、注意が必要です。特に耳鼻科で中耳炎でなくても、副鼻腔炎などを起こしていたら航空中耳炎になる可能性がぐっと高くなりますので、飛行機旅行そのものを是非をお医者さんとご相談されるべきでしょう。
航空中耳炎に詳しいお医者さんの場合、通常よりも一段上の点鼻薬を処方していただけることもありますが、大人に対しても「非常用」として処方されるものですので、お子さんにはNGではないかと予想します。また、点鼻薬には常習性がありますので、多用すると徐々に効かなくなってきますのでご注意を。
決して脅かすわけではないですが、中耳炎が悪化したりすると眼振(めまい)などの症状も出たりしますので、無理のないゆったりとしたプランニングをしてあげてください。
moetankuさんは、以前に耳を怪我されて手術を受けたことがおありとか。
かかりつけのお医者様から指示された方法を書いて下さいました。


Re: 大人についてですけど・・・
moetankuさん - 2003/10/30(Thu) 18:59 No.8100

私の場合についてですが。。。
今回のハワイ行きに関して相談したところ、飛行機では上昇時と下降時の気圧変化が一番耳にくる・・・そうです。この辺は皆さんご存知のようなんですけど(^^ゞ
それに対しての対策ですが
@機内に乗り込む前、点鼻薬。
A上昇し終わったら点鼻薬。
B下降前にまた点鼻薬。
だそうで薬を処方されました・・・(^^ゞ

Sonomiさんも書かれておりますが「あごを動かす」これってとっても重要らしいです。私は、寝ている時以外は常にガムを噛むことと指導?を受けました。(最近は、シュガーレスガムなどいいものが出揃ってますしね〜) これで大分違ってくるらしいです。そもそも飛行機内のお食事もそういう関係で出しているらしい・・・と先生が言っていました。そういえば、なるほど〜〜〜なんて。
夏に国内線を乗りましたが、実は、耳に負担が来るのは国内線などの短い路線だそうです。

大人のほうのことで少しでも参考になれば・・・と思い
レスさせていただきました♪
作成:2003.10