'99 HAWAII 01/09 Big Island 1

4月24日(土)
いよいよハワイへ旅立つ日、今回は神戸乗り継ぎ関空までバスの旅。列車は岡山、新大阪と人混みの中を乗り継ぐため、関空到着時には「人疲れ」する私達。その点、バスは少人数。乗り換えもスムーズでなかなか快適な旅でした。所要時間は列車より1時間多いだけ。昼食を神戸で取ればちょうどよい休憩です。
今回は関空から掲示板をチェック出来ないかな・・・と探してみたら、搭乗待合室階段下にPC机!!
公衆電話からネットに繋いでデータ保存。PC机に座ってせっせとレスを書いたOkabeさんち、書いたレスはメモ帳保存。再び電話回線に繋いで掲示板へと送り込んだのでしたぁ。どーしてここまでするんだろう、やっぱり掲示板をのぞけば優しい皆さんからの「行ってらっしゃい」が読めるから? (^O^)

関空で掲示板レス書き

この飛行機に乗りまーす

NW座席玉突き現象 (^^;
ビジネスクラスの皆様はファーストシートでビジネスサービス、上級会員の皆様はビジネスシートでエコノミーサービス、うちは出発3時間半前にカウンターで交渉の結果、エコノミーシート前から3列目(22&23HJ)を貰いました。4人で6席なのでこーすけくんは2席使って熟睡。関空マラソンの甲斐があった(笑)。シートリクエストは36DEF→44&45BC→22&23HJ、文句なんか全然ありませーん。
チャイルドミールはホットドッグ、パンとソーセージを別々に包装。帰国便で食べたハンバーガーもパンとハンバーグを別々に包装。好みで挟んで食べるようになっていました。NW企業努力の跡?子どもの食事はそこそこOK。大人の食事はすき焼き or 鰻のかば焼き。到着前の軽食にはクロワッサンサンドイッチ(子供も同じ)。
機内空調は少し温度低目、追加毛布を貰って飛行機の旅初めてSonoちゃん熟睡。機内で眠れると到着してからの体調が全然違うことを発見。こーすけくんも熟睡していたので機内での睡眠は「慣れ」の問題かもしれません。

アロハ航空 "This time is OK ??"
NW離着陸が予定より早かったためコナ行きへ一便早く乗り込んで待っていると、あれれっ?フライトキャンセルで待合室逆戻り。おじいちゃんと記念撮影して戻ってみるとまた搭乗が始まっていて(?_?)
Sonoちゃん思わず "This time is OK ??"、係員さん " Found problem " なるほど、、、こんなこともあるのね。が、飛行中ずーっとまたトラブったらどうしよう・・・今ひとつ信用出来なかったのでした。

Kanaloa At Kona写真はこちら
ここはアウトリガー系のコンドミニアム。50才以上が代表者なら料金20%オフです。
<2BRの室内装備>
主寝室はロフト式で、階段の上り下りが良い運動?でも疲れる(笑)、キングサイズベッド。ゲストルームはシングルベッド×2、キッチンはフル装備、洗濯乾燥機室内、ビデオデッキ有り、リビングのソファは2台ともソファベッドに早変わり。いったいこの部屋には何人寝られるんだろう。。。部屋はどこも広々、収納十分、ラナイ3ヵ所。バスルームはキッチン横と主寝室に1つづつ(キッチン横はとても広いバスルーム、主寝室の方はコンパクトだけれどジャグジー機能付きバス)。電話2ヶ所。オーシャンフロントは波の音がうるさいくらいによく聞こえる。

敷地内プール3カ所(うち一つは18才未満お断り)、BBQエリア有り、駐車場は一部屋一つ場所指定、入り口には24時間守衛常駐で許可証が無いと立ち入れないシステム。メイドサービスは3日に一度。タオル類が欲しい場合はハウスキーピングへ。ファミリー向きには至極快適。

ホテル到着朝10:30、公式チェックインタイムは午後3時、フロントでは「正午から」と言われる、、、子連れじじ連れに同情したのかフロントのおねえさん「部屋の用意が出来ているかどうか聞いてみますね」、、、ラッキー!!即、部屋へ入ることが出来ました (^-^)¥

今回OF2BRのお部屋をお願いしたところ、部屋にたどり着くまでにとにかく階段が多い。平屋に住む身としては階段が非常に珍しくってちょっとワクワクしたけれど・・・主寝室まで大きな荷物を上げ下ろししたそのぱはとーーーってもお疲れでした。まず地上(笑)から階段を上がって2Fへ、玄関ドアを開くといきなり「階段」。その先がリビング、キッチン、ツインのベッドルーム、洗面所は広い。さらに階段をのぼると主寝室。ふぅ、、、ここまでたどりつくのにのぼった階段は何個だろう。。。
リビングのあるフロアには鍵のかかったベッドルームが1つ、そう、このお部屋は実は3BRの2BRユースでした。

Keauhou Shopping Center
KTA Super Stores
ショーケースに並ぶおかずをリクエストでお弁当にしてくれます。要はスーパー店内の惣菜コーナー。ここのお弁当は一級品B級グルメ。米飯は日本産と味変わらず副菜(すき焼き風味付けのおかず有り)も日本に近い味付け、食べやすく概ね好評
Drysdale's Two
店内で食べるのもいいけれど、オープンエアに座って遠く海を見ながら食べるのもまた楽しい。サンドウィッチとハンバーガーが美味しい。どちらもアメリカサイズ、ハンバーガーのバンバーグはパンからたっぷりはみ出すほど。従業員さんもイイ感じ(子連れだったからかも?)
MAC PIE
ガイドブックにあったので行ってみました。試食すると、、、VERY GOOD!!チョコレート入りはチョコがアメリカンな甘みでちょっとパスだけれども、"ORIGINAL VANILLA" これはオススメ。近くまで行ったら是非食べてね。6インチサイズを2個お持ち帰りしたOKABEさんちです。スライスしたパイもあるしもっと大きなパイもあるよ。持ち帰り用(なんと日本まででも持ち帰れる)を頼むと箱に入れてもらえます。このお店にはゲストブックが置いてあります。Sonoちゃんのサインはどーこだっ(笑)
-----MAC PIE帰国後の感想-----
あのパイはあの気候で食べるからこそ美味しいのです。自宅で食べると・・・・甘さが強烈。冷蔵庫で冷やして食べると美味しいよ。

Mauna Loa Royal Kona Coffee Mill & Museum
Millも Museumもたいしたことはないけれど(主観ですが)、試飲のコーヒーは美味しかったよ。小さいコップに自分で注いで飲みます。数種類ならんでいるので順に試すとよいかも。 sugarは小袋入り、milkはポットから注ぎます。見晴らしが良くドライブ途中の一休みスポット。

庭にある??なもの
トーテムポール??
近づくと見事な彫刻

売店にはコーヒー、
ナッツ類が豊富。
何故か「BONSAI」を展示

BONSAI を拡大
してみました。何の木だろう?

バニアン・ツリー??

PU'UHONUA O HONAUNAU
(プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園)

写真はこちら
曇り空で残念。晴れていたら空の青と溶岩の黒、木々の緑、砂の白さ、きれいだろうなぁぁぁぁぁぁ。 白い砂浜と海に流れ込んだ真っ黒い溶岩が対照的。養魚場跡?らしいところにはメダカによく似たおさかなが泳いでいます(こーすけくんは目を凝らしてようやく理解)。浜辺では靴を脱いだ女の子が水遊び。溶岩の上をあるくと海のきわきわまで行けるけれど「かなり」遠い。
入り口で地図をくれるので、それを見ながら歩いてね。

St. Benedict's Painted Church
土曜4時からミサがあり周辺住民多数礼拝。観光するのが申し訳なくてちらっと中を覗きました。司祭さんは優しそうなおじさまで終始にこやか。教会下には墓地、上方にはバチカンにある「ピエタ像」のレプリカ。もっと近くで見たかったけれど賛美歌をうたう信者さん達に申し訳なくて遠くからながめました。
教会内部は "Painted" の名前通り、壁中が彩色されなかなか見応えがあります。祭壇も厳か。日頃宗教嫌いの私でも信心深い気持ちで頭を垂れました。

01/09 02/09
戻る Topページ