'99 Oahu 2

4月29日(木)
晴れ
リージェンシークラブ・ラウンジで朝食。オーシャンフロントの2部屋をラウンジにしたようです。このラウンジのラナイから外を見るとワイキキビーチが眼下に広がります。ラナイで食事すると小鳥さんに食べ物を狙われる・・・お皿番に誰か一人残ってね(笑)
リージェンシークラブ・ラウンジ
6:30 -10:00 AM、コンチネンタル・ブレックファースト・ビュッフェ
コーヒー、フレッシュジュース、デニッシュ、フルーツ、
お味噌汁があったりもする(クロワッサンは美味しかった)
午後 ソフトドリンクやケーキ類
コンシェルジュにOP手配してもらいながらのおやつタイム
夕方〜 5:00 - 8:00 PM
オードブルとして下のレストラン(日替わり)から料理がやってくる
カクテル、ビール、ワイン等飲み放題(部屋にお持ち帰りもOK)
<帰国直後の掲示板レスから>
RCでの朝食、午後はデザート、夕方からはカクテルサービスとオードブル、いずれも美味しかったです。何よりちょっとお腹が空いたな、と思ったときにすぐ食べられるのは嬉しいです。レストランに行くのが面倒なときも便利。クラブルームと同じ39Fに滞在していたので、気軽に行けてとても良かったです。到着日も9時半には部屋に居たので、そのままクラブルームへ。早速朝食にありついて、4日間めいっぱい活用させて貰いました。食事のたびに外へ出ていかなくて良いのは”だらだら派”にピッタリ(^^;
ワイキキ〜ダイヤモンドヘッドの絶景もこのクラブルームのラナイから堪能しました。

ダイヤモンドヘッド・ハイキング
昨夜JCBプラザで貰ったダイヤモンドヘッドまでの地図を片手にレンタカーで早速出かけます。途中、ツアーバス、トロリー、レンタカー・・・みんな同じ場所を目指しているらしい。9時すぎで早くも駐車場は一杯。下りてくる人もいる!!(米国人が多いけど彼らは何時から登っていたの?)
さーーーて、登りましょ!!

噂のダイヤモンドヘッド
この中腹まで車で行き、
徒歩、頂上を目指します

舗装道路だし全然大丈夫、
と思ったら
そんなに甘くなかった

舗装はすぐに途切れ
デコボコ道有り
急な坂有り・・・

真っ暗トンネルとらせん階段
急勾配階段まであって・・・

やっとたどり着いた頂上
なるほど絶景

行きに40分、帰りは30分
最後に記念撮影 ^0^

登山道途中展望台から見る
ダイヤモンドヘッドクレーター、
駐車場はこの中

絵はがきショット?(笑)
頂上一番高いところから見たワイキキ全景
<帰国後の掲示板レスから>
必需品は水、タオル、懐中電灯、はき慣れて歩きやすいシューズ。サンダルで登っていた人がいましたが、斜面やでこぼこ道があるのでたいへんですよ。登山口のところで飲料水販売&懐中電灯貸し出しをしてます。まぁ、持参する方が無難でしょう。(JCBカード保持者なら、懐中電灯はJCBプラザで借りられます)
荷物は出来るだけ少なく、出来たら両手が空くリュックタイプがベスト。途中、足元の悪いところ(ガタガタで道が平らでない箇所あり)もあるので、間違ってもベビーカーを持っていかないこと。急な階段や真っ暗トンネル+らせん階段もあります。米国人は赤ちゃんを背中に背負って登っていました。ベビーカーを押して歩ける距離はごくごく少しです。たとえ折り畳んでも荷物になることにかわりはありません。子どもが徒歩を拒否した場合や悪路のため子どもを1人で歩かせられない場合に備えて、両手を空けておきましょう。
息子は6歳、往復自力で完歩しました。彼を見た米国人は「まだ小さいのにがんばってるねー」と声をかけてくれました。

カハラモール
ダイヤモンドヘッドからの帰りにちょっとカハラモールまで車を走らせます。途中道路は広くて走りやすい。何しに来たかった?・・・・それは当然?!噂の”シナボン”を食べるため。甘党には「夢」のお菓子ですぅ。
しばらくお店を観察していると、客は若い女性ばかり。重そうな箱入りでお持ち帰りする方もちらほら。ガラスの向こうではパン生地様のものにシナモンとシロップを大量に「広げて」シナボン製作途中。主人と顔を見合わせて「どれにする?」
シナボン、ミニボン、キャラメルピーカンボン・・・いろいろあるけど、ここはノーマルにシナボン1個ご注文。飲み物はお隣”オレンジ・ジュリアス”へ。ここのオレンジジュースは目の前絞り立てで、しかも只者じゃない。一口飲むとフローズン!!シナボン+オレンジ・ジュリアス=登山後のほてった身体には最高 ^0^
お腹も落ち着いたし、モールの中をうろうろ。ゴディバでお土産のチョコレートを買い、ケイ・ビー・トイズでおもちゃを物色(ファービー、フラ姿バービー、ポケモンの日本未発売モンスターボール)し、ジンボリーで子供服を買って、、、ここまで買い物するとそろそろ息子の「帰ろう」コール (^_^;)
そう、君はお買い物大嫌い。

ワイオラ・シエイブ・アイス
ワイキキへまっすぐ帰るつもりが、ふらふらとWaiola Shave Ice (2135 Waiola St.) へ。場所はワイキキから McCULLY St.に入り Waiola St.へ右折、Paani St.との角、レンタカーでないとツライです。平日でも大人が群がるほどのお店なのですぐ分かります。2000年になってカパフル通りにも支店が出来たそうなのでワイキキから行きやすくなりました。
ここの Azuki Bowl と Rainbow はすっごーーく美味しいです。氷の SHAVE 具合がまたなんとも(じゅるっ)。 azuki は甘すぎないし、氷は柔らかくて細かいし、周辺、大人が路上駐車で行列してまで買って食べる光景は納得のお味。Azuki Bowl と Rainbowで5ドル。

 こーすけくん、サンタへ行く 
たまには夫婦2人でデートしてみたい。キッズプログラム・サンタに息子を預けてみました。
Twilight SANTA (2000年現在このプログラムはありません)
Pick up time : 5:50 PM
Drop off Time: 9:10 PM
ホテル玄関までお迎えに来た白いミニバンへさっさと乗りこむ息子。
行ってらっしゃーーーい (^-^)/~~~

おもしろかったようで興奮状態で戻ってきました。次はいつ行けるの?と帰国までの予定表を自ら作成。5/1は朝から夕方まで行けるんだ!と心待ちの様子。不安はミジンコほどもないらしい。
(詳細はキッズプログラムのページを見てね → ここ
息子が留守の間に、パパとママはワイキキお散歩。
せっかくなんだからホテルで優雅にディナーでも食べればよいものを、なぜかお蕎麦屋さんへ・・・・・(^_^;) 息子はお蕎麦を食べないもので(笑)
ちょうど夕暮れ、サンセットを見ましょうと Beachwalk を通りアウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチのプール脇を通りぬけ。サンセットはヒルトンの建物に遮られて見えなかったけれど、お月様が見えた  ^0^

帰りはワイキキ・ショアあたりからビーチをてくてく、ロイヤルハワイアンまでビーチサイドレストラン見物。どこまでも続く好奇心 (^^;
バンド生演奏あり、フラダンスあり、夕暮れのひとときをオンザビーチレストランで過ごすのも楽しそう。ハレクラニは、やはり「さすが」のハレクラニ。生演奏+フラダンス、一番の賑わい。シェラトン、まあまあ賑わっているがハレクラニに比べるとさみしい。フラはハレクラニの踊り手さんがGOOD。ロイヤルハワイアンが・・・・・閑散、一部クローズしたのか夜は開いていないのか、7〜8時のゴールデンタイムに真っ暗なビーチサイドレストランはあまりに悲しいです。

ヒルトン方向

ダイヤモンドヘッド方向

・・・日が暮れる・・・
(?_?)
海外旅行に行くと

なぜか満月に出くわします

ワイキキビーチの夜景も
なかなか良いもの

〜まんまるお月さま〜

05/09 06/09 07/09
戻る Topページ